ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

イオンカードの解約方法を調べる手を止めるべき3つの理由とは?


今回は、イオンカード 解約 方法 について書かせていただきます。

 

 

イオンカード 解約 方法

 

 

 

今回、僕はイオンカードの解約をお考えで、「どのような方法で解約すればいいの?」

と思われている方に向け、積極的にイオンカードの解約を止めるべき理由を提示したいと思う。

 

今回の記事を見て、イオンカードの解約方法を、

 

 

 

調べることを止め、あるカードへの切り替えを検討される方が増えれば幸いです。

 

 

 

ということで、

今回は、この3本立てで行きたいと思います。

 

 

    • 解約中止理由その1:年会費無料
    • 解約中止理由その2:欠点をひっくり返せる
    • 解約中止理由その3:普通預金金利が半端ない

 

 

 

 

 

解約中止理由その1:年会費無料

 

 

イオンカードとは文字通り「イオン株式会社」が筆頭株主である

イオンファイナンスサービスが発行するクレジットカードなわけだが、

少なからずこのイオンカードを解約したいために、解約方法を調べる人がいるようだ。

 

確かに、

不必要なものを所持する必要はなく、

むしろそれがマイナスに働くこともあるので、

生活をシンプルにすることには賛成だが、

 

この「イオンカード」に関しては、

解約する理由が見当たらないので、

メリットを共有したいと思う。

 

 

まず、

トップオブトップに言いたいことは、

「年会費が無料!」ということである。

 

つまり、

このイオンカードを所持していることによる費用支出はないのである。

 

 

使わないカードを持っていることで、

年会費などが発生していれば所持する意味はないが、

所持していても費用支出がないのであれば、

邪魔!ということでもない限り解約する必要もないのではないだろうか?

 

では、

「解約を中止すべき理由その2」にて、

イオンカードについて良く言われる欠点を見ていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

解約中止理由その2:欠点をひっくり返せる

 

 

通常のイオンカードを利用する場合、

イオンカードの欠点として言われているのが、

「ポイントが貯まりにくい」という点である。

 

つまりは、

ポイントの還元率が低いという表現をするが、

200円の利用に対し1ポイントが付与されるので、

100円で換算すると0.5ポイント。

 

つまり還元率という表現を使うと、

0.5%なのである。

1ポイント=1円

 

 

0.5%という還元率は、

年会費無料のクレジットカードの中では悪くはないが、

決して高くもない。

 

 

しかしながら、

この還元率0.5%という課題に対しては、

「イオンカードセレクト」というカードを利用することによって、

克服することが出来る。

 

それどころか、

多くの特典を利用することが出来るため、

今回の主テーマである「イオンカードの解約を中止する」どころか、

「イオンカードセレクト」への切り替えをオススメする。

 

 

ポイント戦略の詳しい内容について、

今回の記事では詳しく触れることはしないが、

メルマガ限定で公開していこうと思う。

 

 

 

また、

折角貯めたポイントに関しても、

1000ポイント以上でないと交換できないようになっているのだが、

ココに関しても「イオンカードセレクト」を利用することによって、

解決することが出来る。

 

 

 

ということで、

年会費無料のクレジットカードとして、

並のカードで終わってしまうところを、

「イオンカードセレクト」に切り替えるだけで、

大変お得なクレジットカードに切り替わってしまうのである。

 

 

 

 

 

 

解約中止理由その3:普通預金金利が半端ない

 

 

先ほどご紹介した「イオンカードセレクト」には、

ポイントの2重取りなど様々な特典が存在するのであるが、

僕自身も利用しているが、無料ではありえない特典が存在するのだ!

 

 

その特典とは、、、

 

「イオン銀行の普通預金金利を上乗せ」!!!

 

 

 

銀行の普通預金金利に関しては、

現状の日本は無いに等しい額であるが、

それがメガバンクの定期預金並に変えることが出来るのだ!

 

 

 

一例として、

あるメガバンクの普通預金金利を見てみると、、、

今日現在、「年利0.02%」であり税後で行くと0.015%程度であろう。

 

そして、

300万円以上の10年物定期預金であっても、

「年利0.12%」なのである。

 

 

 

そんな中、

「イオンカードセレクト」への切り替えや新規申し込みを行うと、

なんと普通預金の金利が「年利0.12%」に自動的に変わってくれるのだ!

 

上でも述べたが、

年利0.12%という数字は、

メガバンクで300万円以上の預金を10年定期に入れて、

ようやく付く利率なわけでどれだけお得か?はわかっていただけるだろう。

 

 

 

ということで、

イオンカードの解約をご検討されている方は、

今一度、「イオンカードセレクト」への切り替えや新規申し込みをご検討すべきだろう。

 

なんせ、

持っていてもマイナスなことはないはずであるし、

イオン銀行の普通預金金利がありえない数字なわけなので、

余剰金をイオン銀行に預けておくだけで、

子供のお小遣い程度は貯めることができるはずだ。

 

 

 

 

ということで、

イオンカード 解約 方法

について書かせていただきました!

 

 

 

イオンカードセレクト以外にも、

ポイント戦略や収入のハイブリッド戦略などを

メルマガ限定で配信しております。

 

 

Danganページビルダー - LP作成用WordPressプラグイン

 

収入戦略

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント