Airbnb,とは

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

Airbnbとは?世界中で実際に利用して気付いた29のポイント


今回は、Airbnbとは について書きたいと思います。

 

airbnb1

出典:https://www.airbnb.jp/

 

 
Airbnbとは何か?ご存じの方も多くなってきているだろう。

このAirbnbとは、元々2008年にサンフランシスコで始まったサービスで、

 

自宅などの空きスペースを宿泊施設として貸し出す人と借りたい人とをマッチングさせるサービスである。
このAirbnbは、特に海外で発展しているが、

なんと世界192カ国の33,000以上の都市で宿提供の登録があるのである。

 

 

ということで、

Airbnbとはどんなものか理解いただいたところで、

世界中でAirbnbを利用しているハイブリッドパパ家族が気付いたポイントをシェアしていこう。

 

 

 

 

Airbnbを利用して気付いたポイント29個

 

 

 

1.昨日まで他人だった人と知り合いになれる。

airbnb3

 

 

これは凄い事ですよね。
ネット世界の誕生がこのようなことを可能にさせているのですが、
地球の反対側にいるような赤の他人が、
明日ホストになっているかもしれないのです。

70億人のうち、どれだけの人と知り合う事が出来るのだろうか?

 

 

 

2.外国人の知り合いを作る事が出来る。

 

airbnb2

 

海外でAirbnbを利用すれば、99%くらいは外国人のホストです。
今まで日本でしか暮らした事がなく、
外国人の知り合いがいないのであれば、
Airbnbを利用して、海外の知り合いを作ってみては?

 

 

 

3.外国語の勉強を無料で出来る。

airbnb4

 

 

もちろんホストにもよりますが、
Airbnbというサービスを利用するような人ですから、
人と話すのが嫌いな人は少ないと思います。

 

ということで、
状況次第ですが、話す機会があればドンドン話をした方がいいと思います。

無料の外国語教室のスタートです。

 

 

 

4.その国、その土地の家庭・伝統料理を教えてもらえる、食べられる。

airbnb5

 

 

これもホストに依るところが大きいですが、
料理好きのホストであれば、
伝統料理の作り方を伝授してくれるかもしれません。

もしくは、
家庭料理を振舞ってくれるかもしれません。

 

 

 

5.ホテルとは違って自炊可能!洗濯も可能!

airbnb6

 

ホテルに宿泊する場合は、
どうしても外食かホテル内の食事になってしまいます。

 

長期で宿泊する場合は特に、
食費もかかりますし、バリエーションもそこまでありません。

 

一方、Airbnbを利用した場合は、
家にもよりますが、すぐに自炊する事が可能です。

生活コストを抑える事ができます。

 

おまけにボッタクリのような値段でしか依頼出来ないホテルの洗濯と違い、
Airbnbの場合は洗濯機を利用できる家がたくさんあります。

 

 

 

6.伝統・文化・歴史を教えてもらえる。

airbnb7

 

異国の場合などは特に、
伝統や文化、歴史を教えてもらえる事ができます。

こんな時に日本の文化・歴史を知らな過ぎる自分が嫌いになります。
もっと勉強しようと思えます。

 

 

 

7.ホテルより格安で泊まれる物件が多い。

airbnb9

 

国にもよりますが、
物価が恐ろしく高い国では、
大概それに比例してホテルの宿泊費用も高くなります。

Airbnbも例外ではありませんが、
個人で運営しているホストが多いため、
中には、この土地でこの価格でOKなの!?というホストも発見する事ができます。

 

 

 

8.ホテル生活では見えない、その土地のリアルに触れられる。

airbnb10

 

ホテルで生活する分には、
現地の良い点しか見えないように思います。

 

現地の人が実際に暮らしている自宅に住まわせてもらうことで、
現地のリアルに触れる事ができます。

 

 

 

9.手ぶらで移動しても自分の家のように暮らせる

airbnb8

 

極端ですが、
手ぶらでチェックインをしても生活を開始する事が出来ます。

テレビを買う必要もありません。
電子レンジを買う必要もありません。

 

 

 

10.Facebookや電話番号認証があるので比較的安心出来る

airbnb11

 

Airbnbというサービスにおいて、
犯罪につながるような悪質な行動が全くないわけではないですが、
貸し手側も借り手側もFacebookや電話番号での認証登録が必要なため、
多少は相手を安心することが出来る。

 

 

 

11.とは言え、個人間のやり取りなので注意が必要。

airbnb12

 

題名の通りですが、気が緩んだ時にトラブルが起きます。

 

特に個人的懸念は、
海外においてシングルの男性の自宅に、
女性一人で宿泊する場合は注意すべきと思います。

 

海外の男性には、女性一人では太刀打ちする事が出来ません。

 

 

 

12.個室・シェアルームであれば多少遠慮が必要。

airbnb14

 

自宅のように暮らす事が出来ると言っても、
一軒家まるまる貸切タイプではなく、
個室・シェアルームでの利用の場合は、
多少なりとも遠慮が必要になってきます。

 

 

 

13.個人to個人なので価格の交渉も可能

airbnb15

 

もちろんホテルの場合も価格交渉はする事が可能ですが、
Airbnbの場合は、ホストが個人の場合が多いですので、
状況によっては大幅に値引きを依頼することも可能です。

 

 

 

14.近所の人からは、「コイツ誰?」という目で見られる。

airbnb16

 

引越しをしてきたわけではないので、
近所の人への挨拶などは特段ありません。

 

そうなると長期滞在者の場合は特に、
近所の人と顔を合わせるたびに、相手から不信感を買うでしょう。

 

 

 

15.レビューや家の写真があるので、ある程度ホストのイメージが出来る。

airbnb18

 

Airbnbでは、
利用者によるレビューという一つのサービスがあります。

 

このレビューで高評価の人は、
ますます人気のホストになります。

 

また、
写真を上手に撮って、掲載している人の人気も高くなる傾向にあると思います。

 

また、
レビューはホストがどういう人かを知れるチャンスでもありますね!

 

 

 

16.昨日までの他人と一緒にBBQなんかも出来ちゃう。

airbnb19

 

これもホストによりますが、
海外なんかではBBQセットを持っている家も多く、
気軽にベランダで、テラスでBBQしよう!となります。

 

 

 

17.家具なども買い揃える必要が全くない。

airbnb20

 

家具・家電などについても、
揃っている家が数多くあります。

 

つまり、
短期~長期の滞在が可能な上、
滞在中に家具・家電を買い揃える必要がないので、
初期費用が少なく滞在が出来ます。

 

 

 

18.チェックアウトの時は、チェックインの時より綺麗にすべし。

airbnb21

 

これはハイブリッドパパ家族が心掛けていること。
もちろんレビューの為という意味合いも多少はありますが、
やはりお世話になったホストに対する感謝の気持ちですね。

 

それから、
素行の悪い訪問者ばかりでAirbnbの悪評が拡がっても嫌ですからね。

 

 

 

19.海外へ行く場合は、日本の扇子・箸・大仏が好評価!

 

airbnb22

 

手土産を持っていく持っていかないは個人の自由なんですが、
ハイパパファミリーの場合は必ず持っていくようにしてます。

 

国内でのAirbnb利用の場合は、
ホストの家族構成などを見ながら考えれば良いんですが、

海外の外国人のホストにお世話になる場合は、
日本の伝統品をお土産にした方が喜ばれることが多いです。

 

特におススメなのは、扇子・箸・大仏ですね。
これは実績アリです!

 

 

 

20.非常口はチェックしておくべし。

airbnb23

 

利用させてもらう家は、
一軒家タイプとマンション・コンドミニアムタイプと分かれると思うのですが、
マンション・コンドミニアムタイプに滞在する場合は特に、
非常口を確認しておくべきと思います。

 

異国の地で非常事態が発生しても焦らないようにしておきたいですからね。

 

 

 

21.Wifi環境も容量制限などを確認しておくべし。

airbnb24

日本ではWifiを契約すると月額固定料金で使い放題プランなどがたくさんありますが、
日本の常識は他国の非常識であったりします。

 

特にオーストラリアなどは、
先進国ではありますが、ネットの環境としては発展途上国です。

 

宿泊する家が、
ネットをどれくらい利用出来る家かは確認しておきましょう。

 

 

 

22.安さだけでなく、家の場所も精査すべし。

airbnb25

 

Airbnbというより、
すべての商売に言えることですが、
安いということは、安いなりの理由があるものです。

 

見知らぬ異国の地の場合は特に、
空港から遠い、僻地過ぎる、公共交通機関ではたどり着けない。
などは避けた方がよいかもしれませんね、

 

 

 

23.犬、猫などの動物が苦手な人は事前に要チェックすべし。

airbnb26

 

基本的には注意書きしてくれていると思いますが、
犬や猫などの動物を飼っているホストはたくさんいます。

 

動物アレルギーがある。とか、
触れるのも嫌!という人は、事前にチェックしておくべきですね。

 

 

 

24.各国の生活スタイルの特徴を自分で体験出来る。

airbnb27

 

色々な国に行くとその国・その地域の生活スタイルの違いを体験できます。

洗濯物をベランダにガッツリ干している国は珍しい!ということを実感したり、
シャワーの利用スタイルが違ったり、
ゴミの出し方・回収の違いを実感したりと、
何気なくしている自分たちの習慣が、海外では全く違ったりするというのを体験出来ます。

 

 

 

25.世界中に家が持てる。

airbnb13

 

所有する。という意味合いではありませんが、
10年前では考えられないような生活スタイルが可能になりました。

世界192ヶ所に自分が滞在出来る可能性のある宿があります。

 

 

 

26.住宅ローンを抱える必要がない。

airbnb17

 

家具・家電を買い揃える必要が無くなるだけでなく、
住宅ローンを組んで大きな負債を抱える必要もありません。
自分の予算の範囲内で、自由に暮らす事ができます。

 

 

 

27.「今日:ブラジル、明日:イタリア、明後日:日本」で暮らせる。

 

airbnb28

 

これもひと昔前であれば考えられなかったことだと思いますが、
フライトスケジュールさえ問題なければ、
地球を一周してしまうような旅路で暮らす事が可能です。

 

事実、
僕自身も当日の宿をAirbnbで見つけたこともあります。

 

 

 

28.日本の空き家の多くは老人が所有しているけど、Airbnbにリーチしていないという現実

airbnb29

Airbnbというサービス形態は素晴らしいシェアだと思いますが、
ネットに弱い年代にはリーチしていないのが現状です。

 

特に日本などでは、
老人や空き家が多いわけで、
この辺の空間をもっと有効に利用できれば活性化するんじゃないかと思います。

 

 

 

29.1回の出会いが、一生の繋がりになる。

npo

 

ひと昔前であれば、
出会って電話番号を交換しても、
それっきり連絡を取り合う事は少なかったと思います。

 

しかしながら、
現代においてはFacebookなどのSNSを通じて、
どれだけ離れていても近況を確認することも出来てしまいます。

 

1回の出会いが、
一生の繋がりを生み出すことも可能な時代なのです。

 

 

 

 

 

 

ということで、

Airbnbとは?という件から、

Airbnbを実際に利用して気付いた点をシェアさせていただきました。
僕が思うAirbnbの一番の魅力は、
人の繋がりだと感じています。

 

 

地球は小さいようで大きく、
全員と友達になることは難しいかもしれないけど、
一人でも多くの人と知り合うことは出来る。

 

そんな出会いを感じさせてくれるサービスだと思います。

 

 

これからAirbnbを利用される方にとって、

何か役に立つ事ができれば幸いである。
ということで、

Airbnbとは

について書かせていただきました。

 

メールアドレス

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 出水 より:

    ご担当者様

    初めまして。
    民泊wifi.comの出水と申します。

    ・2年縛り無し
    ・通信制限無し
    ※3日で3GBなどの制限も無し
    ・保証込

    上記内容のプランを作ることに成功致しましたのでご紹介させて下さい。
    http://minpakuwifi.com
    キャリアはSoftbankとなります。

    宜しければ貴社にてご紹介いただけないでしょうか?
    宜しくお願い致します。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: