ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

オーストラリア移住失敗 3つの理由とは?


 

AAA

 

 

震災後、

放射能問題などを受け、

海外移住を決断する日本人は後を絶たないようだ。

 

とりわけ、

小さな子供を抱える家族などで顕著なようだが、

 

今回は、

オーストラリア移住を実践も失敗し、

日本に帰国した人の 3つの理由を考察してみよう。

 

 

 

 金銭面の捻出

 

やはり多くの方が、

オーストラリアに移住するも帰国せざるを得ない理由の1つに、

費用の捻出があるようだ。

 

オーストラリアの職場環境は、

日本独特の年功序列などの制度がないため、

 

キャリアがあればどこまででもいけるが、

やはり日本式のサラリーマンキャリアしかない人にとって、

 

オーストラリアに移住し、

それなりの仕事を見つけるのは難しいらしい。

 

にも関わらず、

 

住居費

車両・交通費

食費

教育費

通信費

光熱費

保険

 

これらの費用を考慮すると、

4人家族のようなモデルだと30万円/月程度が目安のようだ。

 

 

 

ビザ

 

オーストラリアには、

他国と比較すると多くのビザが存在する。

 

一般的なビザとしては、

移住を失敗する人も最初に利用する人が多い、

Visitorビザ いわゆる観光ビザ。

他にも学生ビザや、ワーキングホリデービザ、家族永住ビザなどがある。

 

この辺は、

比較的多くの人に知られているので、

移住を検討されている方でも周知かもしれないが、

 

オーストラリアには、

他にも"医療・治療ビザ"、"技術移住・技能職移住"

"熟練労働者指名永住ビザ" など多くの選択肢がある。

 

しかし、

これらのビザは各々が制約が厳しく、

 

また、

年々永住ビザなどの取得が難しくなっているため、

オーストラリアの移住を検討し入国するも、

ビザが取得出来ず帰国する人も多いようだ。

 

 

 

気候

 

意外なようだが、

気候面で長期的な滞在が無理と判断する人が多いようだ。

 

というのも、

オーストラリアは世界的にみても紫外線量が多いことで有名。

 

なんでも、日本の5倍程度の紫外線が降り注いでいるようで、

帽子・長袖の着用・日焼け止めは必須と言われている。

 

日本人のような黄色人種は、

白人に比べれば多少なりとも耐性があるのかもしれないが、

 

放射能同様、

今日明日の話ではなく、

将来に変化が現れる話なので、

子供への配慮含め、なかなか生活が難しい人がいるようだ。

 

シミ・ソバカス、皮膚がんの懸念があるとして、

移住検討を失敗。というか断念し、

帰国する人の要因として多いのも事実らしい。

 

 

ということで、

オーストラリア 移住 失敗 理由

について書かせていただきました。

メールアドレス

 

過去

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: