ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

アメリカなどで有名なボーディングスクールという選択肢を持っておこう。


 

 

 

boarding2

 

 

「共育」 に正解はない。

 

私が常々言っていることであるが、

子供と共に成長していく過程は1つではありません。

 

※ 教育ではなく「共育」。

 

 

 

愛する子供と自分にとって、

何が最良か?

常に考え、

話合い、

その時のベストを行動すればよいのです。

 

 

ただ、

いざ、選択をしようとした時に、

自分の中に選択肢がない!という状況は非常にもったいない。

 

 

 

あれを知っていれば、、、

これさえ知っていれば、、、

 

後になってタラレバを言っても、

子供と自分の成長にはならない。

 

 

選択するかしないか?は、

自分たちの決断に因るところであるが、

手持ちの選択肢を1つでも多く持っておくことは、

悪い事ではないと考える。

 

 

地球は広いようで、狭いようで、広い。

 

共育方法も学校の種類も多種多様です。

 

私が持っている選択肢も、

是非、皆さんと共有したいと考えております。

 

 

 

 

 

ボーディングスクールとは?

 

 

ボーディングスクールとは、

英語の意味をご存じの方であれば想像出来ると思いますが、

 

ボーディング(boarding)=寄宿・下宿生活という意味で、

ボーディングスクールとは、「 寮生活を通じた24時間の共育環境 」 ということになります。

 

 

ボーディングスクールの基本理念には、

共育(教育)というものは、「学校の教室だけの限られたものではない。」 というものがあります。

 

 

寮生活という親元を離れた集団生活を通じて、

単なる勉強だけでなく、礼儀や規律、他者とのコミュニケーション、自立・自制心を学ぶ事が出来ます。

 

 

ボーディングスクールを卒業した生徒の多くは、

世界中の有名大学に進学することで知られ、授業のクラスも徹底した少人数制となっています。

 

 

 

 

 

 

未来の子供たちに求められるものとは?

 

 

 

「30年後の世の中がどうなっているか?」

 

 

この疑問に正確に答えられる人はいない。

 

 

 

つまり、

5年先も読めないような時代の流れの早い現代において、

30年後に世の中がどうなっているか?なんていうのは誰にもわからないわけです。

 

 

しかし、

その30年後に地球の中心にいるのは、

紛れもない私たちの子供たちなのです。

 

 

そんな子供たちに残してあげられるものは何だろうか?

 

 

私は、

最先端のゲーム機でも、

高級車でも、

お城のような豪華な家でもない。

そう思っています。

 

 

では、

30年後に時代の中心にいる子供たちに授けたいものは、、、

 

 

 

体験経験

 

 

 

そして、

体験と経験から得られるサバイバル力

 

 

つまり、

どのような時代になろうと自分自身をコントロールし、

能動的な取り組みを出来る人間になってほしいと願っている。

 

 

 

 

 

ボーディングスクールのデメリットとは?

 

 

 

ここまで、

ボーディングスクールの良い側面を挙げてきたが、

 

デメリットは何だろうか?

 

 

 

一般的に言われる簡単なポイントを挙げておこう。

 

 

 

1つ目は、

費用面であろう。

 

ボーディングスクールというのは、

何から何まで任せる事が出来るので、それなりの対価が必要になります。

 

一般的にイメージする学費からは考えられない費用が必要になります。

 

 

 

 

 

2つ目は、

親と子供が離れて生活する。ということ。

 

小さい子供は、

適応能力が高いので意外と親元を離れてもすぐに慣れるようです。

 

ただ、

親の方が寂しくなることが良くあるようです。

 

 

よく言われるボーディングスクールのデメリットは、

この2点が挙げられます。

 

 

 

 

ということで、

ボーディングスクール。という選択肢を簡単に共有したが、

まだまだボーディングスクールには、

共有したい内容が多くある。

 

 

情報共有したい方は是非メッセージください。

 

 

 

 

メールアドレス

 

共育

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: