ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

日本人が学ぶべきユダヤ人 DNA7つの教育法とは?


今回は、 日本人 ユダヤ人 DNA について書かせていただきます。

 

dna

 

 

少子高齢化が益々顕著になっていく日本人において、

今後、日本という国が大きく成長していくためには、

同じようなモデルを考えなければならない。

 

その良きモデルとして考えられる1つとして、

ユダヤ人のDNAがある。

 

 

人口が少ないにも関わらず、

あらゆる分野で世界的に活躍しているユダヤ人。

 

 

このユダヤ人のDNAがどのように形成されたのか?

 

日本人が学ぶべきは何なのか?

 

 

成長過程の原点でもあるユダヤ式の教育について触れていこう。

 

 

日本人が学ぶべきユダヤ人の教育DNA 7つ

 

 

① 多くの書籍に触れる

 

ポイントは、

親が子供に本を読むことを強制するのではなく、

子供の周りに多くの本を置いて・触れさせる機会を自然に作るだけ。

 

 

 

② 子供と向き合い、じっくり観察する

 

教育は教育機関に任せっきりで、

高い教育費を払いさえすれば全てが上手くいくと思っている親。

 

そのような親に限って、子供と向き合うことをせず、

子供の意見を尊重しない。

 

 

 

③ 多くの経験を与える

 

芸術に触れる、プロスポーツに触れる、

山登りに行く、公園に行く、海に行く。

 

五感をフル活用出来るような経験値をたくさん与えてあげよう。

その中から突然才能が開花するかもしれない。

 

 

 

④ 子供から考えを引き出す

 

子供を子供と思ってはいけない。

立派な人間である。

 

彼らにも考えや思い、主張があるのです。

大人が一方的に勝手な常識を刷り込むのではなく、

子供達の考えにも耳を傾けることが重要である。

 

 

 

⑤ 親が子供を信頼する。

 

現代の日本人に多く見受けられるのは、

親が子供を信頼していない状況である。

 

親が子供に対し、信頼を形成出来ていれば、

子供は必ず親の期待・信頼に応える。

 

遺伝するのは、

才能や能力ではなく、信頼である。

 

 

 

⑥ 親という存在を認識させる

 

人間。という存在においては、

全くの平等であるが、

家族内における人間形成においては、

家庭内ピラミッド構造を必要とする。

 

 

 

⑦ 必要な時期に親離れをさせる

 

日本においては子離れすることが出来ない親が多いが、

ユダヤの教えにおいては、

子供が親離れするタイミングを教える。

 

親離れについては、

今日の明日で出来る話ではないので、

それに向けた準備を親子で作りあげる。

 

 

 

これらのユダヤ人の教えのポイントは、

何かを強制するのではなく、才能を引き出すことに重きが置かれる。

 

共育は、

多額のお金を懸ければ親の理想となる子供が出来あがるわけではなく、

親がしっかり子供に向き合うことが重要である。

 

メールアドレス

 

共育

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: