ドコモ,iPhone6,発売日

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

ドコモ iPhone6発売日より気になる実用的な充電に関する裏技


今回は、ドコモ iPhone 6 発売日 充電 裏技 について書かせていただきます。

docomo

 

 

ドコモからも発売されることが予測されるiPhone6の発売日予測が賑わってきている。

 

ハイブリッドパパは、

iPhoneの成長サイクル的に、 iPhone6での買い替えは検討していないが、

 

ドコモユーザーであったので、ドコモ×iPhone6の情報は気になってしまう。

 

 

今回のトピックは、

ドコモのiPhone 6 発売日を予測することではなく、

iPhone 6 に限らないスマートフォンの充電を早くさせる裏技についてシェアしたい。

 

 

誰しもが1回は経験していると思うが、

使い倒したiPhoneの充電を忘れ寝てしまい、

 

翌日、目が覚め会社に行く寸前に、

瀕し状態のiPhone に気付く。

 

 

こんな経験をしたことはないだろうか?

 

そのまま充電が満足に出来ず 外出してしまうと、

1日中 iPhoneの充電を気にしながら過ごすことになる。

 

 

ということで、

ちょっとでもiPhoneを始めとするスマホの充電スピードを早める裏技をシェアしよう。

 

 

 

一番電力を消費しない状態とは、、、

 

flight

 

 

充電が少ないのだから、

対策としては消費を抑えればよい。

 

一番簡単に消費を抑える方法は、

iPhoneの電源を切ってしまうことである。

 

 

電源を切ってしまえば、充電を消費することはない。

 

しかしながら、

iPhoneに関して言えば充電用のケーブルを接続すると、

自動的に電源が入ってしまうため、現実的ではない。

 

 

ということで、

iPhoneユーザーに一番効果的な電力消費を抑える方法は、

フライトモードへ設定することである。

 

これは、 iPhoneでもAndroidでも利用できるモードで、

別名、機内モードとも呼ばれる。

 

この機内モードとは何か?というと、

基本的に外部との通信をシャットダウンすることが出来る。

 

しかしながら、

メールや電話すべてを切断することになってしまうため、

連絡待ち状態などの場合については、使用を控えた方が良いだろう。

 

 

 

 

充電効率を高める体勢とは、、、

 

cool

 

アナタも実感したことがあるかもしれないが、

充電をしている時に、

iPhoneが想像以上に熱くなっていることがある。

 

 

スマートフォンなどに使用されるリチウムイオン電池は、

温度が低すぎても、高すぎても放充電の効率が落ちてしまう。

 

Appleの情報によると、

iPhoneが最も効率よく放充電をする事が出来る温度は22℃とのこと。

 

したがって、

充電中のiPhoneを置いておく場所は直射日光を避けることや、

熱を持っているようであれば、冷やしてあげることも必要になるだろう。

 

 

 

 

どこから充電するのが一番か?

 

concent

 

充電をする時に、

電力を引く方法はいくつか存在する。

 

基本的な方法は、コンセント(ACアダプタ)に繋ぐ方法。

 

他にも、パソコンなどのUSBに接続する方法や、

 

持ち運び型ポータブル充電器などがあるが、

 

 

現状においては、

コンセントからの充電が一番電流的にもよく、

急速充電を可能にしている。

 

 

また、 最近ではドコモなどから、

急速充電対応ACアダプタなども発売されており、

これらに対応している機種を所持しているのであれば、

試してみる価値はあるだろう。

 

 

 

ということで、

ドコモ iPhone 6 発売日 充電 裏技

について書かせていただきました。

メールアドレス

 

過去

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: