ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

Googleページランクを上げる事に必死になる意味がなくなったのか?


今回は、googleページランク 上げる について書かせていただきます。

 

googleページランク 上げる

 

 

「Googleのページランクが正式に終了するらしい!」

こんな情報を伝え聞いたが、真実はどこにあるのか?

 

Googleのページランクを上げることに必死になっている業者たちは、

どうやって生きていくのか?そう思い、

 

 

 

 

このGoogleページランク終了情報の真実に迫ってみようと思う。

 

 

 

ということで、

今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • googleページランク更新、、、実は終了していた?
    • googleページランク更新終了で困る人とは?
    • 本質的な価値を上げよう

 

 

 

 

 

googleページランク更新、、、実は終了していた?

 

 

Googleのページランクが更新を終了するという情報が

多くの人の間で噂になっていたが、

真実はどこにあるのだろうか?調べてみた。

 

 

今回の情報の震源地は、

10/6に行われたイベントなわけだが、

内容を改めて精査してみると、

 

話している内容と、

日本国内で噂になっている情報には大きなかい離がある事に気付いた。

 

 

 

このイベントにて、

語られていたGoogleページランクとは、

ツールバーページランクの事であり、

 

Googleが提供するGoogle Chromeなどのブラウザで、

ツールバーに表示されるページランクのことなのである。

 

そして、

このページランクが終了!という情報が伝わっているが、

イベント内では更新をしない。という表現に留まっている。

 

ニュアンスが大きく違ってくる。

 

 

 

インターネットを利用し、

生業を立てている人からすると、

より重要度が高いページランクというのはこの事ではなく、

検索エンジンの検索アルゴリズムに組み込まれたWebサイトの評価基準のことである。

 

 

 

ということで、

Googleのページランク更新終了情報の真実をまとめると、

 

まず、

ここで言うページランクとはツールバーページランクのこと。

 

そして、

「終了」ではなく、「更新しない」ということ。

 

 

 

結論から言うと、

騒ぐ程の話しではない。

 

 

 

 

 

 

 

googleページランク更新終了で困る人とは?

 

 

しかしながら、

実際にGoogleが検索エンジンの評価基準であるGoogleページランクの

更新を終了する可能性はゼロではない。

 

今後いつか、

更新を終了する可能性はある。

 

なんせ、

グーグルという会社は、

素晴らしい可変性を持つ会社だ。

 

自社に、

実績と実力を伴ったGmailというメールシステムを持っているにも関わらず、

突如、「Inbox」という新しいメールシステムを発表する会社だ。

 

サービスの向上に余念がないのである。

 

 

 

ということで、

話が逸れたが、

実際にGoogleページランクを終了した場合、

実害を被るのは、

ページランクの高い被リンク効果の期待出来る中古ドメインを扱う業者などだろう。

 

 

彼らは、

Googleのページランクを売りに、

ドメインの価値をセールスしてきたわけで、

それの価値が不明瞭になった場合、

 

ページランク7のドメインを売りますよ!と言われても、

信憑性に欠けることになってしまう。

 

 

 

 

 

本質的な価値を上げよう

 

 

ということで、

Webサイトで仕事をしている人の多くは、

Googleの仕組みの上で仕事をしている事が多いと思うので、

Googleが何か評価基準を一変させたり、

サービスを終了させた場合、

ビジネスが途端に傾く可能性もある。

 

 

そういう意味でも、

リスクをヘッジしておく必要があり、

ビジネスを1つにしておくことは危険である。

 

 

また、

小手先のテクニックに走るのではなく、

本質的な価値向上に努めることが、

長期的なビジネスを続けるためには必要になるのであろう。

 

 

 

ということで、

googleページランク 上げる

について書かせていただきました!

メールアドレス

 

収入戦略

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント