ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

香港エクスプレス 予約方法別まとめ


 

 

前回に引き続き香港エクスプレスネタであるが、

 

香港エクスプレスは、

インターネットでの予約を基本とする。

 

hkexpress

 

 

 

昨年の途中までは日本語での予約には対応していなかったが、

2014年現在では対応。

 

一部おかしな日本語も交じっているがご愛敬。

 

 

で、

僕は今回、

色々なチケット予約方法をトライしてみたので金額含めシェアしよう。

 

 

 

 

まず、

僕が今回、香港エクスプレスを予約するにあたって検討した予約方法は下記。

 

 

  • 香港エクスプレスのホームページ
  • 香港エクスプレスのコールセンター
  • Expediaを利用した香港エクスプレスのチケット手配

 

 

 

それぞれに特徴があるので、

メリット・デメリットを考えて、個人レベルで最適解を考えてほしい。

 

 

 

 

 

香港エクスプレスのホームページで予約する。

 

 

メリットは、価格が安い。ということ。

当然なのかもしれないが、

個人的には驚いたのが、同じ日時のフライトチケットを予約しても、

ホームページでダイレクトで予約するのと、

コールセンターに電話するのとでは価格が違うのである。

 

どちらが高いのかおわかりだろうか?

 

そう、

自身で香港エクスプレスの予約サイトのホームページで予約をした方が、

航空券を安く入手出来るのである。

 

デメリットとしては、

若干日本語の訳がおかしかったりするので、

英語が苦手な方は多少苦労するかもしれない。

 

 

 

 

 

香港エクスプレスのコールセンターで予約する。

 

コールセンターは、

びっくりすることなかれ!

日本語が話せる外国人が電話の向こうで待ち受けてくれている。

 

流暢な日本語か?と言われれば疑問ではあるが、

チケットを予約する上でのコミュニケーションという意味では問題ない。

 

コールセンターを利用することのメリットは、

座席を利用しない幼児(Infant:2歳以下)のチケットを手配するためには、

コールセンターでの予約を利用しないといけない。ということだろうか?

 

メリットというより、幼児とフライトを共にする場合の必要条件である。

 

 

デメリットとしては、

ホームページで予約するより金額が高くなる。

また、

パスポート番号、クレジットカード番号等を、

全て電話で連絡するため、安全上心配であること。

また、

繰り返し聞くという行為はしてくれるが、名前等を間違えるリスクがある。

 

 

 

 

・Expediaを利用した香港エクスプレスのチケット手配

 

今回は、

香港エクスプレスのホームページとコールセンターでの予約を選択したが、

ある方法を使えば状況によっては、Expediaが一番安くなる方法もある。

 

 

ということで、

様々な予約方法がある中で、

コレがベスト!というような予約方法はなく、

それぞれが長所と短所を持ち合わせている。

 

ということで、

状況や人数構成などを考慮してその時のベストの方法を選択すれば良いのだが、

まず、

多くの選択肢があることを認識出来るかどうか?

というのが1つ目のポイントであるだろう。

知っているか?知らないか?

 

 

メールアドレス

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: