ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

日本のインターナショナルスクールにおけるバイリンガルの難しさ


 

 

bilingual

 

 

今回は、

 

日本のインターナショナルスクールにおけるバイリンガルの難しさ

 

について書かせていただきます。

 

 

 

日本に存在するインターナショナルスクールで、

学校共育法の認可を受けているのは全国で125校程度。

 

 

これらの学校は、

基本的に中学校卒業相当のインターナショナルスクールを修了しても、

日本の中学校を卒業したことにはならない。

 

つまり、

義務教育を受けたことにならず、

基本的には日本の公立高校の受験資格がないのが現状である。

 

 

このような問題もあるのだが、

他にも日本のインターナショナルスクールには問題があるようで、

 

日本語と英語のバイリンガルになるどころか、

日本語も英語も覚束ないどっちつかずの状態になってしまう。

 

ということである。

 

 

 

基本的に、

インターナショナルスクールに子供を入学させる親の多くは、

インターナショナルスクールという存在に過度な期待をし、

 

高い授業費用を払っているわけだし、

ココに入学させれさえすれば全てが完璧にいく!と思いがちなのである。

 

 

それによって、

子供のアウトプットと親の期待値が一致せず、

親の不満の矛先が学校へ向く事が多いという。

 

 

そもそも、

通常の小学校や中学校では、

多くて6時間/日 程度のもので、

1日24時間を考えると1日の25%程度しか学校にはいない。

 

つまり、

残りの75%の家庭での環境も大きく影響しているのである。

 

 

確かに、

幼少期より多言語に触れさせるメリットは大きいが、

語学を学ぶ場は学校が全てではなく、

家庭や周りの環境、関わる人に大きく影響される。

 

 

そもそも、

高い授業料さえ払えば、

自分の期待するアウトプットを学校が自動で引き出してくれる。

 

と思っている時点で、

親の思考が停止していることを意味するだろう。

 

 

 

メールアドレス

 

共育

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: