日本の農業の特徴と問題点

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

日本の農業の特徴と問題点が見える


今回は、日本の農業の特徴と問題点 について書かせていただきます。

 

japanese-aguriculture
日本の農業の特徴と問題点として、

頻繁に議論されるのは、少子高齢化による国内消費の減少である。
確かに、

人口の減少や少子高齢化は、

日本の消費者数の減少であり、絶対量の減少でもある。
しかしながら、

日本の農業にも活路はあると思われる。

 

 

それが、

日本の問題点である少子高齢化を逆手にとった、

健康食品や介護食品への対応だろう。
今までの日本の農業の特徴や問題点は、

農家はコメや野菜を作ってさえいれば、安泰と思われていたことだ。

 

 

今後の未来は、

TPPへの参画や少子高齢化に伴い、

単なる農産物の生産だけでは衰退することは免れない。

 

 

つまり、

農家の生産者自身が、

農産物の生産だけを担うのではなく、

販売や加工も自身で手掛けることが必要になっていくのだろう。

 

 

このように、

これからの日本の農業は、

ただひたすら農作物を作って終わりではなく、

 

顧客心理を読み、マーケティングを駆使し、

農家がそれぞれで、川上から川下まで仕組化させていくことが、

生き残る術となるだろう。

 

つまり、

1人商社といったところだろうか。

 

この動きは、

世界のトレードの自由化を意味し、

弱肉強食がますます色濃くなる方向である。

 

日本の農業が、

どのような戦略をもって対応するか?

 

いや、

戦略を持たずに進んで行った先には、

海外に飲まれてしまう可能性もはらんでいる。

 

 

ということで、

日本の農業の特徴と問題点について書かせていただきました。

 

メールアドレス

 

過去

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: