ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

マレーシア コタキナバルの治安を心配するより魅力なもの。


今回は、マレーシア コタキナバルの治安 について書きたいと思います。

 

malaysia

 

 

マレーシアのコタキナバルは、

ダイバーを虜にする素晴らしい海が有名だろう。

 

 

コタキナバルは、

グリーンランドとニューギニアに次いで世界で3番目に大きい島である、

ボルネオ島に州都である。

 

日本人の印象からすると、

マレーシアといえばクアラルンプールが先行し、

コタキナバルはまだまだ浸透していなが、

 

実は、

コタキナバルへは成田国際空港や関西国際空港から直行便が運航されていたり、

大韓航空を利用すれば札幌や福岡、鹿児島など、東京・大阪以外からも利用出来るルートがある。

 

 

そんなマレーシア コタキナバルの治安を心配する人も多いと思うが、

コタキナバル旅行者の声でもあるように、地元の人は相当親切かつフレンドリーで、

治安の良さは東南アジアでも随一と言える。

 

ただし、

注意すべきポイントは、

地元の詐欺・盗みよりも、

2013年2月にも実際にあった隣国フィリピンからの侵略だろう。

 

2013年2月当時は、

ある小さな村をフィリピンの武装勢力がのっとり、

マレーシアの治安部隊と銃撃戦を展開していたようだ。

 

民間人や観光客がこの事件に巻き込まれることは無かったが、

このようなテロ・侵略の可能性があることも念頭に置いておきたい。

 

 

とは言え、

僕がコタキナバルを知るキッカケともなった、

知りあった香港人の方から見せてもらった朝日の写真は、

想像を絶するほど綺麗ものだった。

 

世界遺産となっているキナバル自然公園にあるキナバル山は、

年間を通じて、平均気温が約30℃程で、

世界中のダイバーを魅了するエメラルドグリーンの海や、

このキナバル自然公園内にある標高約4,100mのキナバル山周辺から見る朝日は別格のようだ。

 

小さい子供を連れていても大丈夫。ということだったので、

我が家も近いうちにコタキナバルの朝日を拝みに行こう。

 

メールアドレス

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: