マインドフルネス療法,方法,ヨガ

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

マインドフルネス療法とは?方法はヨガと一緒でも効能は、、、


今回は、マインドフルネス療法 方法 ヨガ について書かせていただきます。

 

mindfulness

 

 

マインドフルネス療法という言葉を聞いたことはあるだろうか?

 
最近では、メディアでも取り上げられることが多くなりましたが、
AppleのCEOであったスティーブジョブズやGoogleが会社として取り入れているとして、

このマインドフルネス療法が注目を集めつつある。

 

 

では、

このマインドフルネス療法がどのようなものなのか?

 

ヨガの方法と何が違うのか?

 

今日から出来る簡単な実践法は?ということを見ていきましょう。

 

 

 

マインドフルネス療法とは?

 

マインドフルネス療法は、

瞑想やヨガの方法と似通った関係を持ちながらも、同一ではない。

 

マインドフルネスを一言で語るならば、

「その一瞬に全力を傾けること」と考えられている。

 

つまり、

 

「"今"という一瞬に、余計な思慮や判断を加えず、
自然体の中で、心の声に意識して注意を向けること」

 

というイメージだろう。

 

 

 

ヨガの方法との違いは?

 

ヨガとマインドフルネスについて、

違いは何か?という話がありますが、

基本的に違う点は、呼吸のコントロールにあります。

 

マインドフルネス療法における呼吸では、

何も自分自身で「コントロールしない」のが基本となる。

 

つまり、自由に、好きなように、自然体で。ということ。

 

 

一方、ヨガには、

腹式呼吸などの「一定の形式で呼吸をコントロールする」を前提としているように、

決められた呼吸法が存在する。

 

ココが、
ヨガとマインドフルネスの大きな違いである。

 

 

 

マインドフルネスの効能は?

 

マインドフルネスを取り入れると何が良いのだろうか?どう変わるのだろうか?

 

マインドフルネスな状態を手に入れられると、

今!という瞬間に集中できるようになるため、

過去の分類方法や固定概念に捉われなくなるので、

物事を新しい切り口やカテゴリーで見ることが出来る。

 

例)

たった1本の歯ブラシが歯を磨くためだけのものではなく、

風呂掃除ブラシになったり、敵を襲う武器になったりと創造することが出来る。

 

マインドフルネス治療において大きなポイントに、
結果よりも過程を重視する。という手法があり、

結果が表れる前から、結果についてあれこれ心配をするのではなく、

1つ1つ順番にステップごとに意識を集中し、確実に結果へ近付く。というもの。

 

 

 

マインドフルネスの効能って?

 

ということで、

マインドフルネス療法における効能は、

集中力が増大し、創造性や幸福感、健康、リラックス感の高まりを感じることが出来るだろう。

 

 

具体的な効果について

 

  • 記憶力と学業成績が高まる。
  • 減量や健康的な食生活に役立つ。
  • 意思決定能力が上がる。
  • 免疫力を高める。


子育て中の親世代としても、

子どもと対話する前にひと呼吸置けば、
子供との関係について、もっとマインドフルな状態を作れるかもしれない。

 

 

簡単なマインドフルネスの取り入れ方は?

背筋を伸ばし着座。

足を組み、視線を下に向ける。

ナチュラルな思考と、作為的な思考を脳内で分別する。

 

 

自由な対話をする中で、

作為的な思考が脳内を占めるようであれば、

「未来に対する不安は、現在の私の心の中の想像でしかないことを理解すべきだろう。

 

 

 

Google社のマインドフルネス実践法

 

まず、2分間何もしないで、じーっと座っている。

3分間じーっと座り続ける。

ペアを作り、ペア相手の3分間の話をマインドフルに傾聴する。

これらの過程における気付きをフィードバックする。

 

 

ということで、

マインドフルネス療法 方法 ヨガ

について書かせていただきました。

 

メールアドレス

 

過去

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: