ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

楽天edyのポイントチャージで賢く4重取りを達成する裏ワザ


今回は、楽天edy ポイント チャージ について書かせていただきます。

 

楽天edy ポイント チャージ

 

 

円安の動きもますます加速しそうな勢いであり、

一般家庭に対する生活費のコスト圧迫はさけられそうにない。

 

そんな時に重要なことは、

家計における「攻め」と「守り」の双方からアプローチすることだ。

 

今回は、

楽天Edyのポイントチャージなどを利用したポイントの4重取り手法について、

ご紹介しよう。

 

 

 

 

楽天と言えば、

老若男女多くの人に知れ渡っている楽天市場が有名であるが、

この楽天市場や近年注目されている楽天Edyのポイントチャージなどを利用した、

ポイント戦略の一端をご紹介しよう。

 

 

 

 

 

    • その1:楽天Edyのチャージは、、、
    • その2:〇〇を経由して買い物せよ!
    • その3:〇〇を事前に登録しておけ!
    • その4:当たり前を見逃すな!

 

 

 

 

 

その1:楽天Edyのチャージは、、、

 

 

楽天Edyとは何か?という質問については、

ググればすぐにわかる話しなので割愛させていただく。

 

今回の裏ワザは、

楽天Edyを含め、ポイントを4重取りする。というコンセプトなわけだが、

 

そのポイントの1つ目として、

楽天Edyにポイントをチャージする方法をご紹介する。

 

 

楽天Edyのポイントチャージは、

コンビニなどで手軽に行うことが出来るのだが、

そこはポイントを貯めるチャンスを逃してはいけない。

 

 

この楽天Edyをチャージする時に、

「クレジットカード」を利用してポイントをチャージすることがポイントだ。

 

 

 

対象のクレジットカードを利用して、

楽天Edyをチャージすることによって、

クレジットカードにEdyチャージ金額の0.5~1.2%のポイントが付くのだ。

 

 

 

対象のクレジットカード(ココでは全てを表記はしておりません。)

 

 

楽天カード

アメリカンエキスプレス

MUFGカード

DCカード

NICOSカード

エポスカード

NTTグループカード

 

など。

 

 

 

 

 

 

その2:〇〇を経由して買い物せよ!

 

 

ここから、

実際に買い物をしていくわけだが、

楽天市場で普通に買い物してはいけない。

 

ポイント獲得のチャンスを逃してはいけない。

 

 

楽天Edyもらえるモール」経由で「楽天市場」で買い物をすると、

楽天市場での購入金額の1.2%をポイントとして獲得することが出来る。

 

 

これだけの話ではあるが、

知っているか知らないか?で、

大きな差になっていくのである。

 

 

 

 

 

その3:〇〇を事前に登録しておけ!

 

 

おサイフケータイに対応しているスマートフォンを利用している場合、

該当のスマートフォンにTポイントアプリをインストールし、

各種設定をするだけで、楽天Edyを利用すると、

その利用金額に応じて、最大0.5%のTポイントを貯める事が出来る。

 

詳しくは、、、コチラ

 

 

 

 

 

 

その4:当たり前を見逃すな!

 

 

ここまで、

ポイントの3重取りをご紹介してきたが、

最後の4つ目は当たり前中の当たり前!

 

基本中の基本である。

 

 

これにて、

ポイントの4重取りが完成となる。

 

何か?というと、

「楽天スーパーポイント」であり、

 

楽天市場で買い物をすると、

楽天スーパーポイントが、

購入金額の1%つく。

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

楽天edy ポイント チャージ

について書かせていただきました!

 

 

 

 

 

今回は、

楽天Edyを利用したポイントの賢い獲得法を、

簡略して解説したがいかがであっただろうか?

 

今回の方法だけでなく、

多くの節約方法や賢いポイント戦略が、

世の中にはある中で、

多くの人はそれぞれの手法をご存じではありません。

 

もしくは、

知っていたとしても、

1つの方法だけであったりと、

多くの戦略を複合的に、ハイブリッドに、

戦略化出来ていません。

 

 

これぞ、

情報化時代における知る者と知らざる者の差になるのです。

 

 

ハイブリッド戦略研究所のメルマガでは、

これらのようなポイント戦略も含め、

人生における「攻めと守り」を戦略的に解説しています。

 

メールアドレス

 

収入戦略

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント