ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

子供の足裏刺激が未来を開く。


 今回は、子供の足裏刺激が未来を開く。

について書かせていただきます。

 

sole

 

 

何年も前の話だが、

スポーツ界のトップアスリートの多くが、

子供の頃、足裏刺激を経験していた。という話を伺った。

 

 

足裏刺激と言っても、

親が子供の足裏を揉んだり、

外で裸足で遊んだりと方法は多種に及ぶが、

幼少期にどれだけ足裏を刺激出来たか。

が運動神経(脳)の発達を促したのかもしれない。

 

これが、

どこまで科学的に証明されているのか?は、

わからないが、

僕自身も感覚的にこの現象は正しい方向であるように感じている。

 

 

ということで、

ここのポイントを子供の海外教育に照らし合わせてみると、

海外では子供が自由に外で遊ぶ。

 

という行為をすることが難しい。(治安の悪さゆえ)

 

 

つまり、

語学習得を第一目的に海外に行くということは、

運動神経の発達にリスクを背負うことも考慮しなければならないだろう。

 

その辺を踏まえ、

日本という土地が必ずしも安全とは言い切れない世の中になって来ているが、

相対的に見ると日本の治安に対する安全性は世界レベルで見てもトップである。

 

 

ということで、

運動神経系から見る脳の発達を考えると、

海外での生活を親のエゴでスタートさせることは、

それなりのリスクを背負うことにもなることを考えよう。

 

 

何が良い。

 

何が悪い。

 

そういう断定的な話をしたいのではなく、

あらゆる局面におけるリスク分析をした上で、

物事の判断をすべき。という考えです。

 

決して、

幼児の海外生活を否定するわけではありません。

 

メールアドレス

 

共育

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: