TOEIC,点数,就職

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

TOEIC 点数 就職で必要なリアルな話


今回は、TOEIC 点数 就職 について書きたいと思います。

 

TOEIC

 

 

TOEICと言えば、

点数が良ければ就職活動で有利!などと、

多くの企業で就職試験時にTOEICの点数を問われるのが日本企業である。

 

では、

就職活動において、

本当に必要とされているTOEICの点数はどれくらいなのでしょうか?

 

 

日系企業と言えば、

語学面では他の国際企業に比べると劣る企業が多いながらも、

昨今においては、TOEICの点数などを就活採用の基準にしている企業も少なくない。

 

一部のデータによると、

日本の企業の83.3%は、

採用試験時に、TOEICのスコアを参考にしているらしい。

 

 

 

企業が期待するTOEICの点数とは?

 

 

TOEICのテストを導入している企業・団体数は?

 

2500と言われている。

 

 

企業が求めるTOEICスコアは?

 

国際部門     :750点

中途採用社員採用時:710点

海外赴任者    :695点

海外出張者    :675点

 

 

 

就職活動においても、

中途採用などの場合は特に、

TOEICの点数が要求されるようだ。

 

 

良く企業の社員間で話をされるのは、

TOEICが高得点であっても、

「実践英語や企業の採用には直接関係ないのでは?」 という話があったりするが、

 

サラリーマンとして一企業に勤める場合は、

使える使えないに関わらず、TOEICの点数は求められるのが現実である。

 

ということで、

外資系企業や海外赴任を希望する就職活動の場合は、

少なくとも800点以上のTOEICスコアが求められるようだ。

 

 

 

TOEIC 点数 就職 について書かせていただきました。

メールアドレス

 

過去

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: