ハイブリッド パパ 教育

毎日ワクワク!ハイブリッドパパ家族のちょっと未来を生きる自由旅

LCCとは何か?を理解して選択肢を広げよう。


 

 

Airasia

 

 

LCCとは何か?ご存じだろうか?

 

 

既に、

 

多くの方が利用している。もしくは、

聞いた事があるかと思うが、

 

ここでもう一度LCCについて整理しておこう。

 

 

 

選択肢が多いということは、

迷いを生み出す要因になる可能性もあるが、

きっちりとした判断基準を持っていれば大丈夫だ。

 

 

ということで、

移動の選択肢を広げるLCCという選択について

 

 

 

 

 

LCCとは?

 

 

 

LCCとは、

Low Cost Carrierの頭文字を取ったもので、

ざっくり言うと、安い運賃で目的地まで行ける航空会社の事である。

 

 

従来の航空運賃は、

国内旅行であったとしても、往復で5万~10万円。というのがザラであったが、

LCCにおいては、往復3,000円で行けるようなフライトチケットもあったりする。

(※航空会社 フライトなどの目的地よって変わってくるので一概には言えない。)

 

 

従来より、

空の旅は比較的障壁が高く思われていたが、

LCCの登場によって、お金のない学生などでも気軽に空を旅することができるようになった。

 

一方、

LCCの安さの背景には、色々と理由があるため、

そこもしっかり把握した上で、自己判断で選択をすべきである。

 

 

 

 

 

 

 

LCCのメリットとは?

 

 

 

運賃が安い!

 

 

LCCのメリットで最大の魅力は、

なんと言っても運賃が安いことだろう。

 

逆に言うと、

コストを削り、サービスを限定しているので、

乗客目線でいくと、

他のデメリットを背負ってまでLCCを利用する理由は価格安しかない!

と言っても過言ではない。

 

大手航空会社の航空運賃に比べ、50%程度安いこともよくある。

 

 

 

 

 

航空機が新しい

 

 

新しい要因は、

LCCという会社・サービスの歴史が浅いため、

当然 初期投資としての新しい航空機の導入になる。

 

また、

LCCにおいては、採算分析が綿密に行われるが燃費の善し悪しも大きい。

新しい設備だと、故障も少ない。と言える。

 

 

 

 

 

 

片道航空券も低価格

 

 

大手航空会社の場合は、

往復チケットがお手頃価格で入手出来たとしても、

片道チケットになるとビックリするような高い価格になっていることがよくある。

 

 

一方、

LCCについては、

そもそも片道ベースで料金設定されているため、

片道航空券の利用でも安く購入することができる。

 

 

 

 

 

 

最低・最大滞在日数の制限がない

 

 

LCCについては、

先ほどもお伝えしたように片道ベースでの料金設定になっているため、

大手航空会社の航空券などで見かける最低滞在日数や、最大滞在日数の制限が設けられていない。

 

これは、

国をまたいで旅をするバックパッカーなどには非常に有益である。

 

 

 

 

 

 

 

LCCのデメリットとは?

 

 

 

 

サービスが最低限しかない。

 

 

 

機内食、飲み物、毛布、エンターテイメントなど、

大手航空会社では当たり前のサービスが有料サービスとなっている。

 

これは一見デメリットのように思えるが、

「機内食などは不要だ!」 という人も多く、

最初から運賃に機内食代が含まれてしまっている大手航空会社のチケットより、

LCCで価格が安い方が好都合の人もいる。

 

 

 

 

 

マイルを貯めることができない

 

 

 

 

預け荷物が有料サービスになる

 

 

 

多くのLCCでは、

ベースとなる基本料金には預け荷物の料金が含まれていない。

 

つまり、預け荷物が発生する場合は、別途追加料金が必要になる。

 

 

 

 

 

 

預け荷物の重量制限が厳格

 

LCCに

 

おいて預け荷物が発生した場合、

追加料金を払い荷物を預けることは出来るが、

追加料金の料金設定がべらぼうに高い。

 

綿密なコスト計算をしているLCCからすると当然であるが、

乗客からすると、事前準備が重要になってくる。

 

 

 

 

 

出発遅延・着陸地の変更がかなり発生する。

 

 

 

これもLCCがゆえ。であるが、

コスト計算が厳しいので余分な燃料を積んで出発することはない。

 

となると、大手航空会社でよくあるような着陸を上空で待機する。というようなことがない。

よって、

最寄の空港に降り立つ事もしばしばである。

 

 

また、

航空機の有効活用のため、

一機体を一日に何度もフライトさせることは良くある。

 

その場合、

何か機体に不具合が生じた場合、

同じ機体を利用しようとしていた後続のスケジュールも全て遅延することになる。

もしくはキャンセルもよくある。

 

 

1フライト当たりの乗客が異常に少ない場合も、

機材の故障という理由でフライトキャンセルしていることもあるらしい。

 

 

 

 

 

座席が狭い

 

 

1つの機体に1人でも多くの乗客を搭乗させようと、

座席ピッチを狭く設計している。

 

 

 

 

 

フライトキャンセルになった場合の代替は自己責任・自己負担

 

 

大手航空会社の場合、

フライトキャンセルになった時の対応が手厚いことは多くの人がご存じだろうが、

LCCの場合はそうはいかない。

 

つまり、

キャンセルになったフライトの代替手段等については、

自分の力で解決しなければならない。

 

また、

大手航空会社がサービスでホテルや食事の手配をしてくれることがあるが、

LCCの場合は決してこのようなサービスはない。と認識しておこう。

 

 

 

上述のように、

LCCにはメリットとデメリットが存在する。

 

ただし、

デメリットで挙げた内容も、

最大のメリットである格安料金のための苦肉の戦略であるため、

デメリットというより、必要経費と考えるべきであろう。

 

ということで、

LCCを利用する場合は、

色々と検討すべき点が多いかもしれないが、

衝撃的な格安価格も魅力であろう。

 

ということで、

LCCとは何か?について語ってきたが、

LCCを小さい子供を連れた家族が利用するとどうなるのであろうか?

について、

次回以降シェアしていこうと思う。

 

LCCの利用の場合も大人の1人旅と、

子連れ家族では変わってくるはずである。

 

 

 

メールアドレス

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: